Javaちょこっとリファレンス
HOME > jarコマンド

jarコマンド

jarコマンドは、jarファイルをの作成・展開などを行うコマンドです。

jarファイルは複数のjavaモジュールをパッケージ化して1つのファイルとしたものです。
jarはzip形式の圧縮ファイルなので、zip形式で解凍すれば中身を取り出すことができます。

構文

javacコマンド 構文
jar <オプション> <jarファイル名> <ディレクトリ・ファイル...>
【jarコマンドのオプション】
オプション説明
-cjarを新規作成する(★)
-tjarの内容を一覧表示する(★)
-xjarの中身を取り出す(★)
-ujarを更新する(★)
-v実行中にコマンドラインに処理内容を表示する
-fjarファイル名を指定する
-mマニフェストファイルを指定する
-ijarファイルのインデックス情報を作成する
-o圧縮を行わない
-Mマニフェストファイルを作成しない
-C指定したファイルを取り込む

(★)の付いたオプションは1回の実行でどれか1つのみ指定可能です。
※オプションは他にもあります。「jar」コマンドでご確認ください。

コマンド実行例 - jarファイル作成

例)C:\pkgフォルダ配下を「sample.jar」という名前でパッケージ化する

コマンドプロンプト
C:\>jar -cvf c:\pkg sample.jar

※以下のようにカレントをC:\pkgに移動してから、「jar -cvf sample.jar」とやってもOKです。

コマンドプロンプト
C:\pkg>jar -cvf sample.jar

パッケージが指定されたクラスの場合は、下記「パッケージが指定されたクラスのコンパイル指定方法」をご覧ください。


コマンド実行例 - jarファイル展開

例)C:\sample.jarを展開する

コマンドプロンプト
C:\>jar -xvf sample.jar

コマンド実行例 - jarファイル内容確認

例)C:\sample.jarの中身を確認する

コマンドプロンプト
C:\>jar -tf sample.jar

コマンド実行例 - jarファイル更新

例)C:\sample.jarをC:\pkgフォルダ配下の内容で更新する

コマンドプロンプト
C:\>jar -uvf sample.jar C:\pkg

コマンドカテゴリ

HOMEへ戻る TOPへ戻る