Javaちょこっとリファレンス
HOME > Java(JDK)ダウンロード

Java(JDK)ダウンロード

JDKのダウンロードの手順を紹介します。

JavaのダウンロードモジュールにはJDKとJREがありますが、開発で使うならJDKをダウンロードします。JDKとJREの違いは以下の通りです。

【JDKとJREの違い】
JDK
(Java Development Kit)
Java開発を行うためのモジュール。
実行環境(JRE)に加えてコンパイラーやアーカイバ等の開発に必要なモジュールがセットになっている。プログラマーはこちらが必須。
JRE
(Java Runtime Environment)
Javaの実行をするためのモジュール。
実行環境だけであり、コンパイラー等の開発に必要なモジュールは含まれない。開発を行わない一般ユーザーはこちらでOK。

Java(JDK)のダウンロード手順

1.ダウンロードページにアクセスする

以下のページからJDKをダウンロードします。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

JDKダウンロードページ(トップ)

赤丸で囲った部分をクリックすると、最新バージョンのJDKダウンロードページへ行きます。
(旧バージョンが欲しい場合は、画面を下にスクロールすると旧バージョンダウンロード用のリンクがあります。)


2.プラットフォームを選択する

JDKダウンロード(プラットフォーム選択)

まず規約に同意したら Accept License Agreement(赤枠の部分)を選択します。
(規約に同意しないとダウンロードできません)

次に、開発する環境にあったJDKをダウンロードします。
例えば開発環境のOSがWindows64ビット場合は、一番下の「Windows x64(64-bit)」のDownloadリンクをクリックして保存先を指定すれば後は自動でダウンロードされます。


これでJDKのダウンロードは完了です。
次に、インストールをしましょう。
 →Java(JDK)インストール


Java環境構築カテゴリ

HOMEへ戻る TOPへ戻る