Javaちょこっとリファレンス
HOME > Java(JDK)インストール

Java(JDK)インストール

JDKのインストールの手順を紹介します。
(ここではWindowsマシンにインストールすることを前提としています。)


※ JDKのダウンロードがまだの方は、こちらのページを参考にダウンロードしてください。
 →Java(JDK)ダウンロード

JDKのインストール手順

1.ダウンロードしたモジュールを実行する

ダウンロードしたJDKモジュールをダブルクリックして実行します。

JDKアイコン

※この例では「jdk-7u4-windows-x64.exe」というファイル名ですが、ダウンロードしたJDKのバージョンによって異なります。

JDKのダウンロードがまだの方は、こちらのページを参考にダウンロードしてください。
 →Java(JDK)ダウンロード


2.インストーラに従い進める

JDKインストーラ(セットアップ)

「次へ」をクリック


JDKインストーラ(カスタムセットアップ))

JDKのインストール先を変えたい場合は「変更」ボタンで変更。
そのままでよければ「次へ」をクリック


JDKインストーラ(進捗)

ちょっと時間がかかります


JDKインストーラ(インストール先フォルダ)

JREのインストール先を変えたい場合は「変更」ボタンで変更。
そのままでよければ「次へ」をクリック
(※JREはJDKの中に含まれます)


JDKインストーラ(進捗)

ちょっと時間がかかります


JDKインストーラ(完了)

この画面が出たらインストール完了です。(^v^)

ここで「継続」ボタンを押すと、引き続きJavaFXのインストーラが開始しますが、JavaFXの開発をする予定がなければインストール不要です。
(※JavaFXとはAdobeのFlex/AIR、MicrosoftのSilverlightと並ぶRIAプラットフォームです。)


3.環境変数を設定する

次に、javaのコンパイルコマンドを実行できるように環境変数を設定します。
(ここではWindows7を例とします)


1.「スタート」→「コンピュータ」を右クリック→「プロパティ」を選択。
  開いたウィンドウ内の「システムの詳細設定」をクリック

コンピュータの基本的な情報の表示


2.『システムのプロパティ』ウィンドウが開くので、「詳細設定」タブ内の「環境変数」ボタンをクリック。

システムのプロパティ画面


3.「新規」ボタンをクリックして、以下のシステム環境変数を作成する。

環境変数画面1

変数名JAVA_HOME
変数値C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_04

※変数値は、インストール時に指定したJDKインストール先を指定してください。


4.次にシステム環境変数欄の変数「Path」を選択→「編集」をクリックして、以下のパスを追加する。

環境変数画面2

パス
%JAVA_HOME%¥bin

※他のパスとは「;」で区切って追加してください。

最後に「OK」ボタンでウィンドウを閉じれば設定完了です。


5.それでは正しく設定できたか確認してみましょう。
コマンドプロンプトを開いて「javac -version」コマンドを実行して以下のような感じでバージョン番号が表示されれば成功です。

実行結果
c:\>javac -version javac 1.7.0_04

これでJavaのインストールが完了です。(*^_^*)

この時点で、テキストエディタとコマンドプロンプトを使えばJavaの開発はできます。
しかし開発ツールを使ったほうが効率は断然良いので、ぜひ開発ツールもインストールしましょう。Javaには「eclipse」というとても便利なツールがあり、しかも無料なので使わない手は無いです。

eclipseダウンロード


Java環境構築カテゴリ

HOMEへ戻る TOPへ戻る