HOME > CSVファイルを書き出す

CSVファイルを書き出す

CSVファイルを出力するサンプルコードです。基本的に「テキストファイルを書き出す」と同じです。

FileReaderクラスがExceptionを返す可能性があるため、try〜catchまたはthrowsで例外を処理する必要があります。(ここではtry〜catchを使用しています。)

サンプルソースコード

 CSVファイル出力サンプル

import java.io.FileWriter;
import java.io.BufferedWriter;
import java.io.PrintWriter;
import java.io.IOException;

public class CSVFileWriteSample {

    public static void main(String args[]) {

        try {
            //出力先を作成する
            FileWriter fw = new FileWriter("f:\\test.csv", false);  //※1
            PrintWriter pw = new PrintWriter(new BufferedWriter(fw));

            //内容を指定する
            pw.print("あああ");
            pw.print(",");
            pw.print("いいい");
            pw.print(",");
            pw.print("ううう");
            pw.println();

            pw.print("001");
            pw.print(",");
            pw.print("002");
            pw.print(",");
            pw.print("003");
            pw.println();

            //ファイルに書き出す
            pw.close();

            //終了メッセージを画面に出力する
            System.out.println("出力が完了しました。");

        } catch (IOException ex) {
            //例外時処理
            ex.printStackTrace();
        }
    }

}

※1:2番目の引数をtrueにすると追記モード、falseにすると上書きモードになります。

実行結果

 コマンドプロンプト

C:\>java CSVFileWriteSample
出力が完了しました。

出力されたCSVファイル

 test.txt

あああ,いいい,ううう
001,002,003

ファイル関連カテゴリ