Javaちょこっとリファレンス
HOME > 乱数を取得する

乱数を取得する

乱数を取得するサンプルです。
乱数の取得には、java.util.Randomクラスを使用します。

サンプルコード

乱数を取得するサンプル
import java.util.Random;

public class RandomSample {

    public static void main(String args[]) {

        //Randomクラスの生成
        Random r = new Random();

        //乱数の取得
        int i = r.nextInt(50);          //0~49の乱数を取得する
        double d = r.nextDouble();      //0.0~1.0の乱数を取得する
        boolean b = r.nextBoolean();    //true、falseいずれかを取得する

        //値の出力
        System.out.println(i);
        System.out.println(d);
        System.out.println(b);

    }

}

実行結果
C:\>java RandomSample 14 0.6551267184080304 true

結果は実行毎に変わります

Randomクラス主要メソッド

戻値型メソッド説明
booleannextBoolean()trueまたはfalseいずれかを取得する
 (例)boolean b = r.nextBoolean();
intnextInt()int値が取りうる範囲で乱数を取得する
 (例)int i = r.nextInt();
intnextInt(int i)0 ~ i-1の範囲で乱数を取得する
 (例)int i = r.nextInt(100);
longnextLong()long値が取りうる範囲で乱数を取得する
 (例)long l = r.nextLong();
floatnextFloat()0.0f~1.0fの範囲で乱数を取得する
 (例)float f = r.nextFloat();
doublenextDouble()0.0d~1.0dの範囲で乱数を取得する
 (例)double d = r.nextDouble();

数値・演算カテゴリ

HOMEへ戻る TOPへ戻る