HOME > do-while構文

do-while文

do〜while文はwhile文と同じく同様の処理を繰り返し行いたい場合に使用する構文です。

while構文との違いは、while文は1回も処理が実行されない可能性があるのに対し、
do〜while文は最低でも1回は処理が実行されるという違いがあります。

dowhileフローチャート

構文

 do-while構文

do {
    //処理
} while (<ループを続ける条件>);

サンプルソースコード

 変数iが3未満の間処理を行う。但し最低1回は処理を行う

do {
    System.out.println("i=" + i);
    i++;
} while (i<3);

実行結果 (iの初期値が0の場合)

 コマンドプロンプト

i=0
i=1
i=2

実行結果 (iの初期値が5の場合)

 コマンドプロンプト

i=5

基本構文カテゴリ