Javaちょこっとリファレンス
HOME > 拡張for構文

拡張for文

拡張for文は、配列やList型のデータの中身を順次処理したい時に使用します。

拡張for文を使用せずに配列やList型の中身をを順次処理する時は、中身のlengthを取得して通常のfor文でループ処理をしたり、 Iteratorクラスを使用して順次処理をするといった手間が掛かりますが、拡張for文ではそういった手間が省けスマートにコードを書くことができます。

構文

 拡張for 構文

for (<型> <変数名> : <配列やList型>) {
    //処理
}

サンプルソースコード

 ArrayListを拡張for文にて処理する

public class ExtendedForSample1{

    public static void main(String args[]) {

        //ArrayListデータの作成
        ArrayList ar = new ArrayList();
        ar.add("A");
        ar.add("B");
        ar.add("C");

        //拡張for文にて順次処理
        for (String a : ar) {
            System.out.println(a);
        }

    }

}

実行結果

 コマンドプロンプト

C:\>java ExtendedForSample1
A
B
C



 配列を拡張for文にて処理する

public class ExtendedForSample2{

    public static void main(String args[]) {

        //配列データの作成
        int[] a = {1, 3, 5, 7, 9};

        //拡張for文にて順次処理
        for (int i : a) {
            System.out.println(i);
        }

    }

}

実行結果

 コマンドプロンプト

C:\>java ExtendedForSample2
1
3
5
7
9

構文カテゴリ

HOMEへ戻る TOPへ戻る