Javaちょこっとリファレンス
HOME > Booleanクラス

Booleanクラス

Booleanクラスはboolean型のラッパークラスで、boolean型をオブジェクトとして扱いたい時に使用します。

主要コンストラクタ

コンストラクタ説明
Boolean(boolean b)boolean型からBoolean型を生成する
Boolean(String str)String型からBoolean型を生成する

主要メソッド

【java.lang.Booleanクラスの主要メソッド】
戻値型メソッド静的説明
booleanparseBoolean(String str)引数の値をboolean型で返す
(例)文字列"true"をboolean型に変換する
 boolean b =
  Boolean.parseBoolean("true");
BooleanvalueOf(boolean b)引数の値をBoolean型で返す
(例)Boolean bl = Boolean.valueOf(true);
BooleanvalueOf(String s)引数の値をBoolean型で返す
(例)Boolean bl = Boolean.valueOf("true");
booleanbooleanValue()Boolean型をboolean型で返す
StringtoString()Boolean型をString型で返す
intcompareTo(Boolean bl)自身がtrueで引数がfalseの場合は1、自身がfalseで引数がtrueの場合は-1、同じ場合は0を返す
booleanequals(Boolean bl)引数の値と同じかどうかを返す

Booleanサンプル

Booleanを生成する
Boolean bl = new Boolean(true);         //booleant型から生成
Boolean bl = new Boolean("true");       //String型から生成
Boolean bl = Boolean.valueOf(true);     //boolean型からvalueOfメソッドにて生成
Boolean bl = Boolean.valueOf("true");   //String型からvalueOfメソッドにて生成

※String型の場合大文字小文字は区別しません。
 trueと判断される文字列 → "true"、"TRUE"、"True"、"tRuE"、"TrUe"など
 falseと判断される文字列 → 大文字小文字を区別しない「true」、「false」以外

Booleanから値を取り出す
boolean b = bl.booleanValue();   //boolean型として取り出す
String str = bl.toString();      //String型として取り出す

文字列をboolean型に変換する
boolean b = Boolean.parseBool("true");

2つのBooleanの値が同じかどうか比較する
Boolean a = new Boolean(true);
Boolean b = new Boolean(false);

boolean result = a.equals(b);
  result → false

2つのBoolean値を比較する
Boolean a = new Boolean(true);
Boolean b = new Boolean(false);
Boolean c = new Boolean(false);

int result = a.compareTo(b);    //自身がtrue、引数がfalseの場合
  result → -1

int result = b.compareTo(a);    //自身がfalse、引数がtrueの場合
  result → 1

int result = b.compareTo(c);    //自身と引数が同じ場合
  result → 0

ラッパークラスカテゴリ

HOMEへ戻る TOPへ戻る