Javaちょこっとリファレンス
HOME > Shortクラス

Shortクラス

Shortクラスはshort型のラッパークラスで、short型をオブジェクトとして扱いたい時に使用します。

主要コンストラクタ

コンストラクタ説明
Short(short s)short型からShort型を生成する
Short(String str)String型からShort型を生成する

主要メソッド

【java.lang.Shortクラスの主要メソッド】
戻値型メソッド静的説明
shortparseShort(String str)引数の値をshort型で返す
 (例)文字列"123"をshort型に変換する
 short s = Short.parseShort("123");
intsignum(short s)引数の値を判断し、1,0,-1のいずれかを返す
 正の場合:1、ゼロの場合:0、負の場合:-1
(例)int i = Short.signum(-123);
 → -1
ShortvalueOf(short s)引数の値をShort型で返す
(例)Short s = Short.valueOf(123);
ShortvalueOf(String str)引数の値をShort型で返す
(例)Short s = Short.valueOf("123");
bytebyteValue()Short型をbyte型で返す
shortshortValue()Short型をshort型で返す
intintValue()Short型をint型で返す
longlongValue()Short型をlong型で返す
floatfloatValue()Short型をfloat型で返す
doubledoubleValue()Short型をdouble型で返す
StringtoString()Short型をString型で返す
intcompareTo(Short s)引数の値よりも小さい場合は-1、大きい場合は1、同じ場合は0を返す
booleanequals(Short s)引数の値と同じかどうかを返す

Shortサンプル

Shortを生成する
Short sh = new Short(123);        //short型から生成
Short sh = new Short("123");      //String型から生成
Short sh = Short.valueOf(123);    //short型からvalueOfメソッドにて生成
Short sh = Short.valueOf("123");  //String型からvalueOfメソッドにて生成

Shortから値を取り出す
byte b = sh.byteValue();        //byte型として取り出す
short s = sh.shortValue();      //short型として取り出す
int i = sh.intValue();          //int型として取り出す
long l = sh.longValue();        //long型として取り出す
float f = sh.floatValue();      //float型として取り出す
double d = sh.doubleValue();    //double型として取り出す
String str = sh.toString();     //String型として取り出す

数値文字列をshort型に変換する
short s = Short.parseShort("123");

2つのShortの値が同じかどうか比較する
Short a = new Short(123);
Short b = new Short(123);

boolean result = a.equals(b);
  result → true

2つのShort値の大小を比較する
Short a = new Short(100);
Short b = new Short(200);
Short c = new Short(200);

int result = a.compareTo(b);    //引数の方が大きい場合
  result → -1

int result = b.compareTo(a);    //引数の方が小さい場合
  result → 1

int result = b.compareTo(c);    //引数と同じ場合
  result → 0

ラッパークラスカテゴリ

HOMEへ戻る TOPへ戻る