Javaちょこっとリファレンス
HOME > 可変長の引数を持つメソッドを作成

可変長の引数を持つメソッドを作成

Javaで可変長の引数を持つメソッド(引数の数が不定なメソッド)を作成する方法です。

構文

可変長の引数とするには、可変長としたい引数の型の後ろに「...」を付ければOKです。

可変長引数の構文
メソッド名 (型名... 変数名){ }

サンプルコード

可変長の引数を持つメソッドサンプル
public class KahenSample {

    public static void main(String args[]) {
        //可変長引数のメソッドを呼び出す
        KahenSample.sample("A", "B", "C");
        KahenSample.sample("", "");
        KahenSample.sample();
    }

    //可変長引数のメソッド
    public static void sample(String... val) {
        //引数の数を画面表示する
        System.out.println("引数は" + val.length + "個です");
    }

}

実行結果
C:\>java KahenSample 引数は3個です 引数は2個です 引数は0個です

その他カテゴリ

HOMEへ戻る TOPへ戻る