Javaちょこっとリファレンス
HOME > CSVファイルを読み込む

CSVファイルを読み込む

CSVファイルを読み込むサンプルコードです。基本的に「テキストファイルを読み込む」と同じですが、読み込んだ後にCSVの各データを取り出している処理が追加されています。

FileReaderクラスがExceptionを返す可能性があるため、try~catchまたはthrowsで例外を処理する必要があります。(ここではtry~catchを使用しています。)

サンプルソースコード

例)CSVファイル読込サンプル

CSVFileReadSample.java
import java.io.FileReader;
import java.io.BufferedReader;
import java.util.StringTokenizer;
import java.io.IOException;

public class CSVFileReadSample {

    public static void main(String args[]) {

        try {
            //ファイルを読み込む
            FileReader fr = new FileReader("c:\\test.csv");
            BufferedReader br = new BufferedReader(fr);

            //読み込んだファイルを1行ずつ処理する
            String line;
            StringTokenizer token;
            while ((line = br.readLine()) != null) {
                //区切り文字","で分割する
                token = new StringTokenizer(line, ",");

                //分割した文字を画面出力する
                while (token.hasMoreTokens()) {
                    System.out.println(token.nextToken());
                }
                System.out.println("**********");
            }

            //終了処理
            br.close();

        } catch (IOException ex) {
            //例外発生時処理
            ex.printStackTrace();
        }
    }

}

読み込むCSVファイル

test.csv
あああ,いいい,ううう AAA,BBB,CCC 001,002,003

実行結果

コマンドプロンプト
C:\>java CSVFileReadSample あああ いいい ううう ********** AAA BBB CCC ********** 001 002 003 **********

主要メソッド

【java.util.StringTokenizerクラスの主要メソッド】
戻値型メソッド説明
booleanhasMoreTokens()次のトークンがあればtrueを返す
StringnextToken()次のトークンを返す

ファイルカテゴリ

HOMEへ戻る TOPへ戻る